8月12日 そうだん

b0192321_21133555.jpg

「う~~~~ん………」
b0192321_21143566.jpg

「どうしたんだい、かね君?」
「今ね、今年のフェスティバルの計画を立ててるんだけど…
 どうしたら津軽まで遊びに来る人が増えるかなぁ、って……」
b0192321_21163076.jpg

「それなら俺たちに良い考えがあるぜ」
「きっと来やすくなるはずさ」
b0192321_21181629.jpg

「俺たちのアイディアへの意見、ブログを見ている人に聞いてみようぜ」
「うん、そうしてみようかなぁ……」










*************************

…と、いうことなのですよー!


もうすぐ鳴子のこけし祭りがありますね。
関東のみなさんからは鳴子のこけし祭りはきっと行きやすい場所でしょう。

でもやっぱり津軽となると、交通費はかかるわ、しかも当館までは交通の便が悪すぎてお金のわりに滞在時間が少ないわ……と、なかなか行く決心がつかないのも分かります。



どうしたら良いものか……


今年の津軽のフェスティバルは10月20日(土)21日(日)。
そろそろ内容をまとめなきゃいけません。


はじめ佐々木は大胆にも「関東から津軽こけし館までの送迎バスを出せないものか」という無謀なことを考えました(笑)貸切りバスを借りて、乗った人たちで割り勘(笑)


でもどうやったらそんなことができるのか検討がつきません。


あーだこーだと山田と交通プランを考えていた時にふと気付いたわけです。


「津軽まで来てくれれば送迎に行ける!!!!!」


津軽伝承工芸館はバスを持ってます。とにかく津軽エリアまで来てくれれば津軽伝承工芸館・こけし館まで直通の送迎をすることができます!


そこからまたあーだこーだと考えてでた結論が、


「パンダこけし号」!←今私が考えた名前です(笑


関東のみなさん、「パンダ号」はご存知ですか?
弘南バスが運営する上野から出る格安夜行バスです。

☆パンダ号☆

このパンダ号の発着時刻を元に、実際のスケジュールです↓↓

10月19日(金)
22:00 上野よりパンダ号乗車 車内泊

10月20日(土)
7:00  弘前バスターミナル到着
7:15  津軽伝承工芸館送迎バス乗車
8:00  こけし館到着 → 朝ご飯??(お弁当or伝承工芸館レストラン)
8:30  こけし館入館待ちの列に参加
9:00  フェスティバルスタート!
  ~自由行動~
18:00 懇親会参加 工人さんたちとの宴会!
21:00 二次会???
23:00 津軽伝承工芸館送迎バス乗車
23:30 弘前バスターミナル到着
23:40 パンダ号乗車 車内泊
 
10月21日(日)
8:45 上野駅到着!


車内泊2日のけっこうキツいスケジュールですが、交通費は約1万円ですみます!

また、フェスティバル2日目に参加のプランも作ろうと思えば作れます!
2日目参加もできると、初日に来た方も、1泊して、2日目の送迎バスに乗っていくという作戦もできますよねぇ……。



……という弾丸スケジュールを組んでみたのですが、「利用したい!」という方、いらっしゃいますかねぇ????汗

10人くらいでもいれば、ぜひやってみたいと思うのですが……。

また、「このバスに時間を合わせてくれれば…」という要望もあれば教えてください。

それから、青森や弘前にお住まいの方で、黒石まで行くのが大変、という方も乗車できるようにしたいなぁと思うんです。バスの時間など合わせるの大変ですからねぇ…。


弘前を出る時間への要望などもお聞かせください。





ご意見、ご要望、「利用したい」の声など、ドシドシこのコメント欄にお寄せくださいませ!どれくらい利用したい人がいるか知りたいんですー!


どうかどうか、よろしくお願いいたしますー!




ではでは、みなさまのお声、お待ちしております!






【本日のこけし】~ポケットこけしパークの住人~
阿保金光工人(津軽系) 700円
長谷川健三工人(津軽系) 1260円
佐藤昭一工人(肘折系) 各5,000円 (残りこの2本のみです)

[PR]