b0192321_20124052.jpg

(退職前日、送別会をしてくれた金ちゃん。本当に本当にありがとう!!)


みなさん、中途半端なままブログ放置してすいません!!

佐々木は26日に完全に一関に移りました。バタバタと引っ越しの開封作業をしたりなんだりかんだりで、あっという間に新しい年度を迎えようとしています。

今年度中にちゃんとブログも締めくくろうと思いながら、新しい家のネット回線の工事がまだ順番待ち状態で、なかなか更新できずにいました。


メール関係もお返事ができない状態で、本当にごめんなさい…

4月3日が工事の予定なので、ネット開通したらちゃんとメール返します!!


私も明日から新しい仕事が始まります。今までとは全く違うジャンルなのでかなり緊張しています。

実は私、明日、結婚(入籍)もします(笑)
いきなりすいません…(笑)

寿退社だと思われたくなくて内緒にし続けようかと思いましたが、やっぱりみなさまには本当にお世話になったので、ちゃんと報告します(笑)

馬車の相方が本格的に馬の道に入ってくれることになり、私は当面は務めに出て、相方が私の実家で修行しながら凛を調教していく、という感じです。

私も土日は実家で凛や他のお馬たちにお勉強させていただきます。


馬車ブログでも書きましたが、黒石で馬車屋として独立することも考えました。ただやっぱり一番の問題が自分たちの経験不足と、飼育環境の悪さだったので、凛のことを考えるならきちんと環境の整った場所に行こう、という決断でした。



こけしに関係ない話ばかりすいません!!とりあえず現在に至るイキサツでした。


……いったいどうやってこの場でみなさんにお別れして良いものか、正直まとまっていません。

こけしの世界から離れるわけではないので大きなお別れという感じもせず…


このブログ自体がどうなるのかは、山田に任せてありますが、しばらく手がつけられないだろうという話でした。


完全に閉鎖することはないでしょうから、みなさまにはこれからもカタログ的な感覚で使い続けていただければ嬉しいです。


私にとってはみなさんとの思い出がたっぷりつまった、本当に文字どおり『こけし絵日記』です。

嬉しかったこと、楽しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと、いろんな思いがぐちゃぐちゃに詰まってます。

b0192321_20423467.jpg

辞めると報告してから、たくさんの方からたくさんのものをいただきました。

私の人生の中でこんなにもいただきものをすることはこれきりないでしょう!!それくらいたくさんのみなさまに愛をいただきました…泣

(上の写真に載ってないものもいっぱいあります、写真に写ってないものを送ってくださったみなさま、たぶんちゃんと受け取ってますのでご安心くださいね!!)


どれもこれも本当に嬉しかったのですが……志田菊宏工人ー!!まさかのプレゼント、本当に本当にありがとうございました!!泣

こけしはもちろんですが、同封されていたお手紙が嬉しくて嬉しくて、何度も何度も何度も何度も読みました!泣

一生大事にします!!泣




そしてみなさま……

改めて、本当にありがとうございました。こけしの楽しみ方や奥深さを教えてくれたのはみなさんです。

楽しかったー!!

今はただそれだけです。

本当に楽しかった…!


でも、過去形にはしません!!

津軽こけし館はまだまだこれからも頑張っていきますし、私も私のポジションからできる『楽しいこと』を探して続けていきます!!

常に現在進行形で行きましょう!!


山田部長、さっちゃん、ゆみこさん、こけし館のこと、どうかどうかよろしくお願いします!!

そして応援してくれるみなさんに『応援してきて良かった』と言わせ続けてくださいね!!




そうそう、みなさまからのアドバイスをもとに、とりあえずTwitterだけはじめました(まだ何もつぶやいてないですが)。『Makie Sasaki 』で検索すれば出てくると思いますので、良ければフォローしてやってください!!

ただいま土湯こけし祭りに行くミニツアーも頭の中で計画中です(笑)とにかく産地主導の産地を盛り上げるための活動を頑張っていきたいと思いますので、どうかみなさま今後ともよろしくお願いいたします!!


b0192321_21151577.jpg

大好きなこけし館。5年後、10年後、今と変わらず、いや、今よりもっとみなさんを楽しませてくれていることを期待しています。


本当に本当にありがとうございました!!


またいつかどこかで……!!


2013年3月31日
佐々木牧恵


追伸
チャリティーこけし、今年もたくさんのみなさまにご賛同いただいているようで本当に嬉しいです。この活動に関しては私が宮古さんとのやり取りなどを続けますので、たまにでしゃばって出てくることをお許しください!苦笑
[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-31 20:06
b0192321_6475466.jpg
b0192321_648445.jpg
b0192321_6481574.jpg
b0192321_6482462.jpg
b0192321_6483394.jpg

広島のMさんより画像いただきましたー
ありがとうございます♪
最後の写真は美津雄工人のこけしをかけたじゃんけん大会の様子です~

地元の方がゲットされたそうですよー!おめでとうございます!


2日目も大いに盛り上がったようで何よりです。
ムッチーの絵付け体験をされた方もたくさんいたようです。

2日間でいったいどれくらいの人が足を運んでくれたんでしょうねぇ??
でもツイッターを見る限り、明らかに今までのこけし関連のネタではお名前を拝見しないようなみなさまが「行ってきたー」とツイートされてましたので、本当に広くいろ~んな人たちが足を運ばれたのだと思います。


どうかどうかこれをきっかけにたくさんの人が東北に足を運んでくれますように…!

山田が「全系統持って行きたい」と執念を燃やしていたことには、きっと大きな意味があるはず!こけしは津軽だけのものじゃないです。

津軽だけが頑張っても意味が無い。

でも全ての産地でこうやって発信を続けられるわけじゃないですからね。




主催者のみなさま、出店者のみなさま、宣伝応援してくれたみなさま、協力してくれた工人さんたち、発送準備&留守番のさっちゃん&ゆみこさん、そして山田部長&六知秀工人、本当にお疲れ様でした!

画像提供&レポート送ってくれたみなさま、ちゃんとあとで連絡しますね。



さぁて……引越しだ……苦笑
[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-25 07:01
b0192321_20162297.jpg
b0192321_20163455.jpg

Fさんからいただきました画像たちです~
かわいい~~~!これはテンション上がりますね~

入り口前の細い路地にかなりの人が並んだようです。
配られた整理券もかわいかったとかー!

b0192321_20524145.jpg

↑これは山田ツイッターからの画像です。盛況な感じですね!
b0192321_20532634.jpg

↑これが今日の終了時点の様子みたいです。まだいっぱいありそうですよ!明日行かれる方も気合入れて行ってきてくださいね!

Nさんからもレポートいただいたのでそのまま引用しておきます↓↓

今回も開場前にずいぶんと行列ができて整理券が配られたようです。
名古屋から駆けつけた方が4番だったとか。(奈良のAさん談)
(私の到着は15分後くらいです)
午前中は、津軽こけし館ブースも雑貨ブースもすごい人でレジ待ちの長い列が・・・
昼過ぎにもう一度立ち寄ったときは、だいぶ落ち着いてました。
(はな眼鏡さんがのべ600人って言ってたような・・聞き間違いかも!!
山田さんにご確認くださいませ)
客層ですが、男女問わず若い方から年配の方まで幅広い年齢層でした。
小寸・限定がかかったものをみなさん手にしておられました。



FさんNさんいつもありがとうございます~



また他のお客様からレポート届いたらこの下に続けていきますね。



さて、みなさま昨日は佐々木の遺言(?)にたくさんのご意見をお寄せくださいまして、本当にありがとうございました。思っていた以上にたくさんの反応をいただいて、すごく嬉しかったです。

なんて言うか…こうやってみなさんと考えを交えること自体が何より大事なのかもしれない…と思えました。「こけしブーム」を「ブーム」で終わらせないためには、一方的な流れではなくて、産地と買い手側の交流が不可欠ですし、みんなで考えていくことが大切な気がします。私達だけが考えても意味ないですし、みなさんが考えるのも違います。お互いの思いを交えた先に、より良いあり方が見えてくるんでしょうね。

今日は引越しの作業をしながら、ちょこちょこツイッターを見てました。ツイッター上はこけし博ムード1色!実際に足を運ばれたみなさんの楽しそうな声・興奮冷めやらぬツイートを見ていたら、心から「良かった」と思えました。


お客様はなにも悪くないんですもん!せっかくの機会、楽しまなきゃ損です!


ここから先は、産地の人間の戦いです。いかに次へつなげるか。

みなさんからのコメントを読んで強く思ったのは、「出張販売にスペシャルを持っていくのなら、産地にはそれ以上のスペシャルがなきゃいけないんだ!」ということでした。

そうじゃなきゃ産地に足を運ぶ意味はないですよね。

ただ、そのスペシャルは決して商品自体の価値だけではないでしょう。工人さんとの触れ合いだったり、土地の持つ魅力だったり、もしかしたら産地の食べ物や温泉かもしれません。

とにかく出張販売でこけしに興味を持った方の期待を裏切ることの無いような受け入れ態勢を、地域全体として作っていくことが大事なんだろうな、と思います。


山田部長、ハードルは高いですよ~!いや、自分でハードルあげちゃったんですよ!

良いものを持っていけば、それ以上の何かを用意して待ってなきゃいけないんです。でもそれがクリアできるのなら、出張販売は本当に効果的ですし、喜んでくれるお客さんはたくさんいます。


うん、なんだかすっきりしました。ただそれだけのことなんです!

私も、どういう形でなのかはまだ妄想の中ですが、「スペシャル」を担えるような何かを模索し続けていきたいと思います!



なぜか山田VS佐々木の公開討論みたいになっちゃって本当お恥ずかしいのですが…苦笑

でも私は勝手に山田は永遠の戦友だと思ってますので(生意気な部下でスイマセン…)、これからもケンカふっかけると思いますが、おっしゃる通り、闘う相手は一緒ですし、どうぞ苦笑いしながらケンカを買ってくださればありがたいです(笑

みなさんもどんどん参戦してくださいね(笑


ではでは、またレポート届いたらアップします~
明日もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-23 20:45
b0192321_11323923.jpg

b0192321_1144169.jpg

3月23日(土)24日(日)
京都「錦湯」にて
≪詳細はコチラ







え、今さら?って感じですよね、スイマセン!泣

山田ブログでガンガン情報が出ているので、もうみなさん充分ご存知かと思いますが、今週末は京都で大きな大きなこけしイベントです。

先日、打ち合わせもかねて、主催のはなめがね本舗のお二人と、夜長堂さんが黒石までわざわざ遊びに来てくださり、私も楽しいひとときを過ごさせていただきましたが、東北のこけしに対してしっかりと理解のある、素敵な方々でしたので、安心して応援できます!


実は私、東北以外でのこけしイベントに関してはちょっと保守的です。
きちんとこけしに理解のある方が、東北にお客様を送り込んでくださるような中身であれば良いのですが、産地に足を運ぶことなく、ただただこけしを販売するだけのイベント…というのに、ちょっと切なさと寂しさを覚えてしまいます。

「こけしブーム」ということで、本当にあちこちでこけしのイベントがあり、こけしを販売したいというお店も増えています。きちんと理解のある方で、純粋に「こけしの魅力を伝えたい」というみなさんももちろんいます。でも、その線引きって本当に難しい……。


こけしの仕入れやこけしイベントに関してはよく山田と考え方の違いでぶつかりました(笑)
今回も、京都のイベントのために、山田が張り切って大量にこけしを仕入れ、それでも間に合わなかった分は店頭からも持って行ったので、店頭の棚は毎度ながらスカスカに……。

普段こけしに触れる機会が少ない関西のみなさんにこけしを愉しんでいただきたいという思いは本当によく分かります。よく分かるので複雑なんです……。

普段店頭に置かれることがないような商品も京都に行きます。阿部進矢工人に盛美津雄工人…他の工人さんのものも、今回限定のものも多く、産地にいても手に入れることが難しい商品が多いです。

山田の執念でしょう。どうせならみなさんを喜ばせたい、どうせならこけしに全然興味がない人にも「かわいい」と言ってもらえるような商品を持っていきたい、そんな思いは充分わかります。

でもなぁ……
誰かわかってくれますかねぇ…この複雑な気持ち…


決して応援してないわけじゃないですよ!
せっかくの機会なので、関西のみなさんにはぜひとも足を運んでいただきたいと思ってます。
一生懸命に準備を進めていらっしゃる「はなめがね」さんや「夜長堂」さんはじめ、出品作家さんたちにも感謝してます。

ガッツリ盛り上げて、こけしファンを増やして、たくさんのみなさんに東北まで足を運んでいただきたいと思います。


ただその時に、せっかく東北まで来たのに、東北にこそこけしがない、という状態にならないように……!ただそれだけです。


先日、大分県からのお客様がいらっしゃいました。金ちゃんのこけしが欲しい、と。でも金ちゃんのこけしは京都への発送用にけっこう梱包された後で、ちょっとしか店頭にありませんでした。本当に申し訳なくて……


だから山田部長、お願いです。
関西のお客様のことは大いに喜ばせてあげてください。

でも戻ってきたら、ちゃんと店頭にも商品を補充してください。

地元で一生懸命応援してくださっているお客様のことも喜ばせてあげてください。

東北のお客様は関東のイベントも関西のイベントも行くことは難しいです。

関東のお客様には「近くの人はうらやましい」とよく言われますが、そんなことばかりじゃないんですよ。関東や関西で販売されるこけしの方がスペシャルなことが多いです。


せっかくのイベント前にグチャグチャ書いちゃってすいません…


佐々木の遺言だと思っていただければ……



でもでもでも!
何度も言いますが、応援してます!!!!!!

もはやこけし館スタッフではないですが、レポートも書きたいと思います!
今まで佐々木にメールをくださったことのある関西近辺のお客様、ぜひぜひレポートと画像、送ってくださいね!



あーーーーなんか本当にごめんなさい…
山田部長、ごめんなさい……

でもお客様はみんな応援くださってるでしょうから、どうか楽しんで、楽しませてきてくださいね。
阿保さんもファイトです!!!!
寒いようですので、どうか風邪ひかないようにだけ気をつけて!!!


では、コトコトこけし博は明日の10時~です!
関西のみなさま、応援よろしくお願いいたします!!!!!
[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-22 12:35
まだいろんなことが片付きません(笑

しばらくお別れモードになれないかも…汗

とりあえず明日、馬車の報告会があるので、そっちモードにならなきゃいけないのですが、デスクの片づけすら未だ終わらず……汗汗汗


そしてなかなかブログを締めくくれないので、どうせなら京都イベントが終わるまで私が更新しちゃおうと今日決めました(笑


あとでちゃんと書きますが、今日、佐々木からのお別れブログを期待(?)してたみなさん、スイマセン…まだそうはならんようです…


最後の締めくくりは京都イベント!
イベントレポートも書いちゃいますのでー!

いつものように私にレポートメール送ってくださいませ♪

こけし館にはいませんが、引っ越し作業の合間にメール見ますし、ブログも書きますので!

そして佐々木からの連絡待ってる皆さん…すいません……2~3日中にはいろいろ返します!


とにかく今は、デスクを空けることと、明日の馬車報告会の準備。。。。。汗


はああああーーーーー
最後の最後までバタバタしちゃってごめんなさい!


みなさんまたあとでーーーー!!!!笑
[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-20 20:25
b0192321_2044171.jpg

ん???
b0192321_2044256.jpg

んんんんん!?!?!?!?


今朝の衝撃的光景(笑
みなさんにどうしてもお見せしたくて写真撮っちゃいました(笑
屋根から落ちてきた巨大すぎるかたまりが屋根の上で立ってる!!!!

縁起が良いんだか悪いんだか……苦笑
お客様が通る道なら危なすぎますが、幸い雪でふさがってる側の屋根だったので、そのまま放置。

いやいや、雪もラストスパートですよ。
今日は屋根雪がガンガン落ちてると思いきや、日中は吹雪いたりみぞれが降ったり…。
春に向けて、お空も大忙しで残った雪を放出しているのだ、と思うことにします。



さて、ひなこけし展もラストスパート…というかもはや明日が最後!!!汗

ヤバいぞーーー今年はさぼりすぎたぞーーーー汗
中間悪あがきはしたものの、やっぱり最後にも悪あがかなきゃですね!

ということで、アチコチ撮ってきましたので、気になるものがあった方はご連絡くださいね♪
…と、したいものの、もはや私の残された日数は(数えたくないけど)あとわずか…泣
コメントをいただいても、お返事はさっちゃんに託すかもしれませんが…お許しください!



では、いきます!

b0192321_20593066.jpg

ちゃんと紹介できないままに完売してしまった島根の松谷工人のおひなさま。追加分がちょっと残ってますよ♪美しすぎる描彩!(10,500円)


b0192321_2114047.jpg

このお顔、いつ見ても落ち着きます…♪鳴子の岡崎斉一工人のおひなさま(小3200円、大4200円)。

b0192321_2141227.jpg

カラフルゾーン!
手前が土湯の石井信明工人(2000円)、その後は鳴子の高橋輝幸工人(3680円)、その奥は同じく鳴子の菅原昌秀工人(2900円)。

b0192321_216536.jpg

だいぶ遅刻してやってきた弥治郎の新山真由美工人の立ち雛。古民家の柱(﨔)を使ってるとのこと!すてき~(3800円)

b0192321_2192979.jpg

こぐまのように愛らしく・・・見えるのは私だけ??木地山の本間功工人作(5000円~)。

b0192321_21124398.jpg

おっと!カメラ目線を決めてる奥さまがいますよ!一度完売して復活した太田孝淳工人のシンプルさんたち!(1500円)


そうそう、今年かなり勢いを飛ばした金光工人。あまり紹介できずにスイマセン…
「見たい」という声をたくさんいただいてましたので、かなり見にくいと思いますが、店頭用のPOPをつなぎましたので、頑張って見てみてください(笑
b0192321_21175296.jpg

ということで、津軽こけし館のひなこけし展は明日までです!
かけこみ大歓迎ですので、ぜひぜひ遊びに来てくださいね!!!!




追伸:
ここ数日、たくさんの人が会いに来てくださったり、プレゼントをくださったり、本当に本当に幸せいっぱいです。まだお礼ができていないみなさま、とりあえずこの場を借りて、本当にありがとうございます…。

嬉しくて嬉しくて、でも同時に寂しくて寂しくて…自分で決めたことなのに、カレンダーを見るたびに胸が苦しくなります……泣

あぁ…どうやって20日を迎えれば良いものか。。。。。。。泣
ラストスパート…が…かかりません……泣



【本日のひなこけし】
それぞれの画像下文章をご覧ください。

[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-16 21:39 | ひなこけし展
b0192321_19565236.jpg

「あなた~!早くー!」
「おいおいそんなにはしゃぐなよー!」






***********************
↑バックのハンカチ、折り目くっきりですいません…

桜の季節にままだまだ遠い津軽ですが、少しずつ少しずつ春に向かっているようなお天気になってきました。(でも今日も吹雪いてましたが;笑)

もう日本のどこかでは桜が咲いている地域もあるのですかね~???


佐々木は昨日・一昨日と、お馬の凛ちゃんを一足先に岩手県・一関市の実家へお引っ越しさせてきました。一関に近づくにつれてどんどんなくなっていく雪…不思議な感じでした。


昨日は少し時間に余裕があったので、お母さまにお願いして、気仙沼~陸前高田の沿岸に連れて行ってもらいました。去年の今頃は宮古に行ってきたので、あれから1年、場所は違えど、沿岸の地域のみなさんがどのような暮らしをされているのか知っておきたかったのです。


実家から気仙沼(宮城県)までは車で約1時間で行けてしまいます。私も小学生の頃はよく気仙沼へワカサギ釣りに連れていってもらってました。その頃は遠い場所だった気がしていましたが、まさか1時間で行ける距離だったとは…びっくりしてしまいました。

b0192321_20302752.jpg

道中、あちこちで大掛かりな山の伐採が行われていました。本当にあちこちで。埋め立て用の土砂をとるためなのか、はたまた切り開いて何かを建てるためなのか、目的は全然分からなかったのですが、なんだか胸がザワザワしました…

b0192321_2029275.jpg

瓦礫の撤去はかなり進んでいたものの、‘撤去しただけ’であって、もともとどんな風景だったのか全然想像できないような、何もない場所が続いていました。

見えますかね?画像の奥の方…。よく報道されている「第十八共徳丸」です。まさか本当にこんな道の途中にあるなんて思いもしなかったので、本当にびっくりしました。この異様な光景を見ていただきたくて、あえて遠くからの写真を載せました。

近くから↓
b0192321_2039862.jpg

海岸から約700mもの距離を、こんなにも大きな船が打ち上げられたのです。津波の威力とは本当に恐ろしいものです。


b0192321_20404334.jpg

去年宮古に行った時にも何か所か目にしましたが、仮設の商店街などがいろんな場所にありました。

b0192321_20425759.jpg

食べかけでスイマセン…あんまりにも美味しそうですぐに食べ始めちゃって・・・苦笑
中おち丼と「ハーモニカ(メカジキのヒレだそうです)の煮つけ」食べました!美味しかったー!!

ものすご~~く人当たりの良いご主人さんで、気さくにお客さんみんなに話しかけていらっしゃいました。もともとはお豆腐屋さんだったそうで、津波でお店も道具も流されてしまい、お豆腐屋さんを辞めて、食堂を始めたのだそう。


b0192321_2046975.jpg

お土産買いたいな~と思って入ったやはり仮設のお茶屋さんにて。お店に良くお茶を飲みに来ると言うかわいいかわいいおばあちゃん(お客さん)。

店員さんと楽しそうに談笑しているところにお伺いしたのですが、私たちにもすぐにお茶を入れてくれました。「どうぞどうぞ~」と店員さん。「これ食べなさい」と試食をくれるおばあちゃん(笑)。

このお茶屋さんもやっぱりそもそもの店舗は津波でやられてしまったのだそう。それでも負けずにこうしてまたお店をされています。

まさかお茶を出してもらえるなんて思いもしなかったので、本当にびっくり。そしてすごくすごく感動…。津波で大きな被害を受けたというのに「一関も大変だったでしょう」と、こちらのことまで気遣ってくださいました。


b0192321_20551378.jpg

その後北上して陸前高田(岩手)の方へ。ところどころ、まだ撤去の済んでいない大きな建物が残っています。この建物、4階まで津波がぶつかったのだそう。そんな光景、想像もできません……

b0192321_20574853.jpg

そして衝撃的だったのがこの光景。海のように見えますよね?この水がたまっているところは海ではなかったのです。津波の影響で地盤が下がり、あちこちに水がたまっていました。海との高低差がほとんどないようなところも。仮設商店街の方は、70~80センチほど下がってしまったと言っていました。


怖い、ですよね…・・・。
ちょっと来ただけの私でも怖いと思うのです、ここに暮らし続けているみなさんの不安ははかり知れません。


2年が経ちましたが、まだまだ落ち着いた暮らしを取り戻すことができずにいるんです。

改めて、自分たちにできることをきちんと探していかなくちゃと思いました。特に私は、これからほんの1時間の距離になるのですから。


b0192321_2152934.jpg

右奥に見えるのが、先日戻された「奇跡の一本松」。
賛否両論、いろんな声があるようですが、賛成の声も、反対の声も、どちらもこれからのことを考えるからこそ出てくる声。

「あなたはどう思いますか?」と聞かれた時に、きちんと自分の思いを口に出せるよう、しっかりと「被災地の今」を知っておかなくちゃと思います。




チャリティーこけし、今年もすでにたくさんのみなさんからのご賛同をいただいております。きっかけは何でも良いので、とにかく1人でも多くの方に、今一度、被災地のみなさまの「今」に思いをはせていただければな、と思います。






【本日のひなこけし】
加納博工人(作並系) 4000円

[PR]
※3月11日、参加工人について追記しました
b0192321_22295968.jpg

明日で東日本大震災から2年。
被災地のみなさんと、私たちふくめ、被害の少なかった地域住民の、この2年の感じ方には大きな大きな差があるのではないかと思います。

みなさまはこの2年、どのように過ごされてきたでしょうか。


津軽こけし館では、2011年に黒石市の姉妹都市である岩手県宮古市へ向けて、2012年には同じこけしの産地である福島県の土湯温泉に向けて、義援金つきの「チャリティーこけし」を販売しました。

2011年の販売時には地震発生直後であり、とにかく何かできることを…と、「宮古市のため」という大きなくくりで販売しました。全国から多数のご賛同をいただき、販売数は600個を超え、直接いただいた義援金や店頭で募った募金も合わせると約25万円の義援金が集まりました。

しかし、いざ集まってみるとそのお金をどこの何のために使っていただけば良いものか、答えが見つけられませんでした。宮古市へ全額渡せば良かったのかもしれませんが、たくさんの人が寄せてくれた温かい気持ちですから、きちんと目に見える形で、本当に必要とされているところへ届けたかったのです。

そんな気持ちから、まずは現地を見なくては、と、津軽こけし館と交流のある「重茂」という地区を訪ね、被害の状況などを伺いました。かなりのダメージを受けているものの、保険や補助金などでそれなりに賄える、むしろ一時的にお金が集中して、その先が不安だと言う声を聞きました。

ただお金を渡すだけ、という支援は、何か無責任なことのような気がして、その時は集まったお金の一部だけお渡しして、残りはもう少し温めて、本当に必要なものが見えてきた時にお渡ししようということになりました(その時にお渡ししたお金は、津波で被害を受けた小学校の子供たちが、別の小学校に通うためのスクールバスを走らせるためのお金に使われたとのことです)。

その年の7月、少しでも宮古の応援ができるようにと、宮古のお土産品を集めた物産展を企画しました。その際に、重茂地区の幼稚園~中学生までの子供たちに「七夕の願いごと」を書いてもらい、物産展の会場に掲示しました。願いごとに何かお手伝いできることのヒントが隠されていないかと思っていたのですが、こちらが情けなくなるくらい、そこには感謝の気持ちばかりが書かれていました。

何も悪くない子供たちが、「助けてくれてありがとう」と言ってくれている。その感謝の気持ちを素直に受け取れるようなことをしてきただろうかと、切なくなりました。

何をしてあげれば良いのか分からないまま、翌年は風評被害で苦しんでいた同じこけし産地の福島県・土湯温泉にむけての共同チャリティーこけしを販売。この時は風評被害で苦しむ土湯系のこけし工人はもちろん、温泉街のお店や、旅館などの力になりたい、という企画だったので、支援金はこけし工人会と土湯温泉観光協会へ。土湯温泉でのイベントに使用していただきました。

土湯温泉へのチャリティーこけしを販売している時にも宮古のことはもちろん頭にありました。とにかく宮古の現状が知りたい…。宮古でボランティア活動をする団体のブログを見るようになりました。

すると、そこに登場するのは「若者」たち。働き盛りの若い人たちが、汗水たらしながら、でも笑顔で、自分の生活など二の次にして宮古のために尽力しているのです。宮古出身の人もいれば、縁もゆかりもない人もいます。それでもみんな思いを一つにして、活動していることに本当に驚き、「こういう人たちの活動を支えることができれば」と思うようになりました。

現地にいるわけではない私たちが現地の人々が求めているモノ・コトを知ることは本当に難しいこと。でも、現地で活動をしている人たちには、それが痛いほどわかっているはずです。そんな人たちを支援することができれば、間接的ではありますが、本当に求められている支援に近づけることができるのではないかと考えました。

連絡をとったのは「宮古災害復興支援チームM.A.D」という団体。震災の直後から宮古市災害ボランティアセンターにて活動をしてきた7人の青年たちが設立した団体でした。「自分たちの街は、自分たちの手で復興させてやる」設立趣意書にはそう書かれてありました。

「M.A.D」は今年1月から「地域コーディネートセンターみやこ」と名称を変更し、「地域づくり」や「まちづくり」へ力を注ぎ「復興のその先を見据えたまちづくりの担い手づくり」をしていくとのこと。

私たちのこれまでの活動経緯や想いにも理解を示してくださり、継続的な支援体制を作るべく、一つの大きなプロジェクトができあがったのです。

その名も「みやこほっこりエイド」。宮古のみなさんの‘ほっこり(=あたたか)’とした住民性を大切にしながら、復興に向けた取り組みを応援しあうプロジェクト、です。
私たちのように、宮古市内外を問わず、宮古を応援したいという「応援スポンサー」とともにプロジェクトを立ち上げ、そこで生まれる支援金などを、様々な市民団体に分配します。

この「みやこほっこりエイド」の第1回目の「応援スポンサー」が津軽こけし館となり、その「応援スポンサープロジェクト」が、今回のチャリティーこけし「みやこほっこりチャリティーこけし」の販売、となります。

b0192321_22302267.jpg

チャリティーこけしの仕組み自体はこれまでと変わりません。1口1000円のうちの200円が支援金となります。これまでと大きく違うのが、この200円が、9つの団体・プロジェクトに分配されるということです。そしてまた、それぞれの団体さんには具体的なプロジェクトや活動内容を示していただきましたので、目に見える形の支援というか、ご賛同いただける方にとっても、自分のお金がどんなことに使われるのかがきちんと分かることで、より思い入れがでるのではないかな、と思うんです。

何よりもうれしいのが、この仕組みによって、宮古で頑張っている市民団体さんやプロジェクトを広くたくさんの方に知っていただけるということです。9つに分配するので、チャリティーこけしからの支援金自体はかなり小さな額になります。でも、活動の内容を知っていただけることで、もしかしたら直接それぞれの団体さんの応援をしてくださる方がいるかもしれない…

そんなことを考えると本当にドキドキします。
b0192321_2230386.jpg
b0192321_22305742.jpg


注目して欲しいのは、そのなかに「みやこけしプロジェクト」というプロジェクトが入っていることです。

宮古と聞いて、南部系の坂下隆男工人が頭に浮かぶ方は少なくないでしょう。現在「休業中」となっている坂下工人。どうされているものかずっと気になっていました。そのことを「地域コーディネートセンターみやこ」さんにお話しすると、さすが現地のネットワーク、すぐに所在が分かったのです!

数少ない南部系の工人さんです。復活して欲しい気持ちは山々です。それも宮古に在住であればなおのこと。坂下こけしの復活を機に、宮古にも新しい風が吹くかもしれない…!

とは言え、簡単に動かせる話ではありません。ですので、今回のチャリティーこけしで集まった支援金の使途の一つとして、宮古こけし復活に向けた「みやこけしプロジェクト」を発足させようというものです。

つまり、チャリティーこけしの販売で集まった支援金をもとに、また一つ新たなこけしに関するプロジェクトが動くのです!しかもそこに産地の宮古のみなさんが関わってくれるということにすごく嬉しさを覚えます。

そして、今回のチャリティーこけしにはもう一つ、仕掛けがあります。

今、被災地では仮設住宅などで引きこもりがちになってしまっているみなさんが多くいらっしゃるようです。支援活動を行う団体などが、いわゆる「サロン活動」などを通して少しでも住民同士が集まる機会を作り出しているようですが、そういった活動の一環(としてできるかはまだ調整中なのですが)、チャリティーこけしの梱包作業を手伝ってもらうんです!今までは当館スタッフが袋詰めや、同封するカードへの色塗りなどを行っていましたが、その活動を宮古のみなさんにお願いします。

カードにはただ色を塗るだけではなく、一言メッセージを入れていただきます。現地の声を少しでも多く全国のみなさまへお届けできるように…!

さらに、これはこけしが好きなみなさんにとっては複雑かもしれませんが、チャリティーこけしの後面に宮古市のみなさんに「ハマギク」を描いてもらいます。正面には津軽系こけし工人の描いた「りんご」と「ハマギク」。後面に宮古のみなさんが描いた「ハマギク」。

きっと、宮古のみなさんがこの小さなこけしにハマギクを描いてくださることで、このこけしの使命感はぐっと大きくなると思うんです。こけしとしての価値は下がるかもしれません。でも、何かこう、魂のようなものが、入るんじゃないかな、と思うんです。

大きな被害を受けた宮古で、懸命に復興に向けて生き続けるみなさんの想いを、こけしを通してみなさんのもとへ少しでも届けられれば、と思います。

底にはこけし工人の名前とともに、ハマギクを描いてくださった宮古のみなさんの名前も署名してもらうつもりです。


では、申し込み方法などです。

≪申し込み開始日≫ 
 3月11日(月) ※お申し込みはご入金後にお願いいたします。

≪申し込み〆切≫
 4月14日(日)

≪発送予定≫
 6月上旬~6月下旬(予定)

≪こけし詳細≫ 
 ・直径2㎝(未満)高さ1.5~2寸弱の小寸こけし。
 ・宮古市の花「ハマギク」と、黒石市の花「リンゴ」(実)が正面に描かれます。
 ・背面には宮古のみなさんに「ハマギク」の絵を描いてもらいます。
 ・底の署名には製作工人名と宮古で描彩した人の名前が入ります。

≪参加工人≫
阿保金光
阿保正文
阿保六知秀
嶋津誠一
長谷川健三
長谷川優志
本間直子
山谷レイ


≪金額≫
 1口1000円 (送料別) 
   ※うち200円が支援金となります。
   ※送料は申し込み個数によって異なります。
   ※振り込み手数料はお客様のご負担となります。複数口お申し込みの際には、まとめてお振り込みください。

≪送料≫
 1~4口:200円 (クロネコメール便)
 5~8口:400円 (クロネコメール便×2通)
 9口以上:800円 (宅配便)

例)・3口のお申し込みの場合には3000円プラス200円で3200円
  ・10口のお申し込みの場合には10000円プラス800円で10800円


≪申し込み方法≫
下記指定口座にお振込みの上、メール・FAX・郵便のいずれかの方法で[住所・氏名・連絡先・お振込み名義・申し込み口数]を必ず記載してお送りください。

●お振込み口座●
 ゆうちょ銀行
 口座番号 02240-1-133679
 口座名称 津軽こけしプロジェクト
 
※他銀行からの場合
 店番   229 (ニイ・ニイ・キュウ)
 預金種目 当座
 口座番号 0133679


≪連絡先≫

●メール●
tsugarukokeshi@yahoo.co.jp

●FAX●
0172-54-8250

●郵便●
〒036-0412 青森県黒石市大字袋字富山72-1 津軽こけし館


≪その他≫
・こけし工人の指定はできません。ただし、複数口お申し込みされた場合は、同じ工人さんのものにならないようにこちらで振り分けます。

・お申し込みのメールにはご入金が確認できてからお返事いたします。入金通知が郵便で届くため、ご入金から2~3日かかりますので、お返事が遅くなることをご了承ください。




参考までに第1回目の宮古へのチャリティーこけしです。
b0192321_1914955.jpg



今年はどんなハマギクが咲くのか、そして黒石のりんごと仲良くしてくれるものか、今から本当に楽しみです。


最後に、地域コーディネートセンターみやこのKさん、お忙しい中、こんなにもステキなプロジェクトにしていただいて本当にありがとうございます。黒石まで足を運んでくださり、こけしを見ていただいたこと、すごくうれしかったです。

今回作りだした仕組みが、これからどのように発展していくか、かなりドキドキしています。

いよいよ明日から申し込み開始、たくさんのみなさんにご賛同いただけますように……!


******************************
※画像として掲載したそれぞれの団体さんの活動内容等を、この下に文章として掲載します。画像に埋め込んだものと全く同じです。(かなり長くなってしまうことをお許しください)
※順不同です、画像掲載順とも異なります

≪ゆいとり≫
寄付配分10%(応援目標3万円)
支援金の使途:事業所立ち上げのための費用(布製品の製造販売)
【メッセージ】
仮設住宅集会所のサークル活動からスタートし、集会所での販売が出来ないため、勉強会をしながら自宅制作した商品を支援してくださる全国のみなさんに販売してきました。みんなで顔を合わせながらの制作をし、次の生活の励みになるようにするため仮設商店街「たろちゃんハウス」で事業を開始する予定です。支援金は、事業所立ち上げのための費用に使わせていただきます。応援よろしくお願いします。
みやこマーシャル ゆいっこぞうりの小銭入れ/田老ゆいとり:http://youtu.be/SXx8nbEFj9k


≪ふれあい癒しハンドケアボランティア≫
寄付配分10%(応援目標3万円)※物資提供
支援金の使途:オイル、遮光瓶、購入にかかる手数料(配送料など)
【メッセージ】
去年の6月から仮設住宅の被災者・在宅被災者にハンドケアとフットケアをしてきました。ハンドケアやフットケアのニーズが高く、1人のボランティアでは対応できないくらいのニーズがありました。このような状況から、出来る人を増やし、市民によるハンドケア・サークルを立ち上げるお手伝いをしたいと思いました。ノウハウ移転をし、ハンドケアボランティアを50人養成するのが目標です。ノウハウ移転完了後も、養成されたボランティアがハンドケアをツールとして、被災者のケアに留まらず、家族のふれあいに活かすなど、発展的かつ継続的な活動ができるように支援をお願いします。



≪みやこ田老・鎮魂の祈り実行委員会≫
寄付配分10%(応援目標3万円)※物資提供
支援金の使途:ろうそく、チャッカマン、購入にかかる手数料(配送料など)
【メッセージ】
東日本大震災により亡くなられた方々への鎮魂と被災された方々の心身の回復と長寿を願い、2012年7月に浄土ヶ浜で集会イベントを行いました。今年は、田老地区に場所を移し、5月に開催予定です。みなさんの想いを灯籠の灯火に変えて、一緒に鎮魂の祈りを捧げます。応援ありがとうございます。
昨年のWEBサイト:http://www.jyoudogahama.jp/


≪田老元気なまちづくりプロジェクト実行委員会(TGMP)≫
寄付配分10%(応援目標3万円)
支援金の使途:田老保育所へのソーラーライトの設置、団体運営費
【メッセージ】
仮設住宅の住民らを対象にした情報紙「明日に向かって」の作成や、住民の要望を実現するために、住民同士をつなぐ、住民のできることをつなぐ活動として、田老の良さを学ぶ「田老ちいき学」などの講座を行なっています。被災地のスクールゾーンは暗く、子どもたちや地域の方々から灯りの要望が多いことから、“エコ&ライトアップチャレンジ”プロジェクトも行って来ました。今回は、グリーンピア田老の仮設住宅内にある「田老保育所」の入口付近が暗いという声があがり、ソーラーライトの設置が必要です。支援金は、設置のための費用と今後の活動のために使わせていただきます。応援ありがとうございます。
http://tgmp.jp/blog/


≪NPO法人 三陸情報局≫
寄付配分10%(応援目標3万円)
支援金の使途:団体運営費・事業費
【メッセージ】
2011年12月から岩手県沿岸(宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村)の仮設住宅の様子や地域のイベント情報などを届ける「こころ通信」事業を2013年3月まで行なってきました。そのメンバーで新たにNPO法人を立ち上げ「被災地の今を切り取る」情報発信をしていきます。応援よろしくお願いします。
http://sanrikujoho.jimdo.com/


≪NPO法人 くらしのサポーターズ(あすからのくらし相談室・宮古)≫
寄付配分10%(応援目標3万円)
支援金の使途:取材費(あすからの豊かなくらしづくりプロジェクト)
【メッセージ】
「一番苦しんだ人が一番明るくなれるように」をモットーに、くらし、お金、困りごと、こころ、生きることなどに関する苦しみに寄り添いながら、問題解決や生活再建の支援を行なっています。「あすからの豊かなくらしづくりプロジェクト」では、震災後のあるべきくらしと地域をつくるため、豊かに生きる知恵と技を古老の記憶と体験に求め、現代と融合し、創出していくことを目指しています。支援金は、地域の古老に聴きとりを実施する取材のために使わせていただきます。ご支援ありがとうございます。
http://yorisoi.jp/mk/



≪みやこシネマリーン(みやこ映画生活協同組合)≫
寄付配分10%(応援目標3万円)
支援金の使途:上映設備のデジタル化への募金(募金目標額2,000万円)
震災直後から、三陸唯一の映画館であるシネマリーンにできる支援の形として、宮古市をはじめ岩手県沿岸に「映画」を届ける巡回上映会活動を行って来ました。活動の中で、改めてエンタテイメントや文化としての「映画の力」が必要だと感じました。しかし、急速な映画のデジタル化によって、シネマリーン設立以来最大の危機となっております。デジタル上映のみの新作映画を子どもたちに楽しんでもらえるように、上映設備のデジタル化への募金のご協力をお願い申し上げます!
みやこシネマリーン:http://cinemarine.blog45.fc2.com/
デジタル化プロジェクト:http://cinemarine.jimdo.com/


≪みやこけしプロジェクト(主催:MRCC、協力:津軽こけし館)≫
寄付配分:10%(応援目標3万円)
支援金の使途:調査費・取材費
【メッセージ】
応援スポンサーである津軽こけし館と話をする中で、宮古市に伝統こけしのひとつである南部こけしの文化があるということがわかってきました。宮古市にそのこけしはいくつ残っているのか。どういった歴史があるのか。宮古こけしの復活はできるのか。そこから、新たな価値を生み出すことはできないだろうか。津軽こけし館の協力を得ながら、支援金は調査費・取材費に使用します。協力してくださる方、募集中です!


≪地域コーディネートセンターみやこ(MRCC) ≫
寄付配分:20%(応援目標6万円)
支援金の使途:ほっこりエイド運営費、文化な発見プロジェクト事業費
【メッセージ】
被災地区在宅世帯支援など復興支援に取り組んできた「宮古災害復興支援活動チームM.A.D」から名称変更し、まちづくりや中間支援に取り組む団体となりました。ほっこりエイドでは、様々なまちづくりの活動をサポートし、応援スポンサーと共に一緒に取り組んでいきます。「文化な発見プロジェクト」では、「港は文化の出入り口」をヒントに宮古市鍬ヶ崎地区を中心として「ほっこり茶の間」というサロン活動や、「鍬ヶ崎かわらばん」での情報発信などに取り組んでいます。支援金は、こういった宮古の人々をつなげる活動に使わせていただきます。全国のみなさん、応援ありがとうございます。
http://mrcc-web.jimdo.com/

***************************

最後まで読んでくださりありがとうございました!
どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
※3月9日追記
みなさんすいません…泣
やっぱり明日にします…・・・泣
本当に本当にごめんなさいーーーーーー





みなさーーーーーん

ブログ更新できずに本当にごめんなさーーーーーい;;;


チャリティーこけしの最終段階に入ってまして、頭の中が宮古でいっぱいですーーーー;;;



明日、なんとかかんとか告知できそうですので、どうかどうかお待ちくださいね!


でも。


今回は本当に(私の自己満足かもしれないですが)、小さいけど、すごく大きなことにつながりそうなプロジェクトになりました。

「こけし」っていう小さなものから、こんなに可能性が広がるんだ、ということが、嬉しくてたまりません。


一緒に頑張ってくれている宮古のKさん。遅くまで本当にありがとうございます。
Kさんの宮古への愛あふれるアイディアのおかげで、本当に良いプロジェクトになりました!


「こけし」自体を見れば、正直、これまでのチャリティーこけしとそこまでの大差はありません。でも、今回のチャリティーこけしは、背負うものが違うと言うか……


すごーーーくいろんな意味をもった子になりそうです!!!!泣



ということで、本当にしばらくすいません(メールもなかなか返せずにごめんなさい)


明日、必ず!!!!!
[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-08 22:36
b0192321_19414067.jpg

「みなさまへ、ハートのおんがえし……♪」






*********************
はっぴーーーーほわいとでーーーーーー!!!!

明日は「ひなこけまつり」だというのに、佐々木の頭は14日に行っております…笑

というのも、今回の「ひなこけまつり」、山田がはりきって一生懸命準備しております!ので、あんまり手を出さないように…してます(笑 


それにきっと、来たくても来れずにウズウズしているお客様もいらっしゃることでしょうから、ネットをご覧のみなさまにもちょっとルンルンなものをお届しようー!ということで、佐々木が勝手に温めていた企画を突然プレゼンしようと思います!笑



先日のレイ工人の実演の時にレイさんにこっそり相談してみたわけです。

佐々木 「胴模様にハートなんて描いたら、レイさん怒られちゃいますかね??」

レイさん 「なんも、お客さま喜んでくれるなら良いよ~」

そんなレイ工人のありがたいお言葉に、伝統完全無視の創作こけし扱いになっちゃうのでしょうが、お腹にハート、背中には羽をつけた、ホワイトデーこけしを作っていただいたのです!


当初は真っ赤なハートがボンっとあるイメージだったのですが、レイ工人が試作で作ってくれた、このほっぺと同じやわらか~いピンクのハートに一目ぼれ!

レイ工人「いいでしょ?ふふ♪」

と、嬉しそうに見せてくれたのがすっごく嬉しくて!レイ工人、乙女です♪笑



このホワイトデーこけし、限定5本!
できれば、こけし女子を彼女・奥さまに持つ男性陣に買っていただきたいところですが、セルフプレゼントも…良いことにします!


ちなみに、佐々木的にはこんな↓感じの「こけし女子ギフト」にしたかったのですが…
b0192321_2010870.jpg

中身が決められず…

でも、こんな感じに佐々木にお任せにしていただけるのでしたら、ご予算に応じてこけしやこけし雑貨を詰め合わせますので、ご相談くださいませ♪(ちなみに上のセットで約3000円です)


こけし女子を彼女・奥さまに持つみなさーーーーーん!
ぜひ佐々木にお返しのお手伝いさせてくださーーーーーい!笑




……ということで、こけしがなくなり次第終了ですので、気になっちゃった方はお早めに~!


さぁーーー!明日の「ひなこけまつり」たくさんのお客様が来てくださいますように!
お待ちしております!!!!

b0192321_20152472.jpg




【本日のこけし】
山谷レイ工人作(4寸) お値段は…プレゼントにする時のために内緒!

[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2013-03-02 20:19