5月13日 いろいろ

b0192321_21312245.jpg

「かなりシュールな光景であることは佐々木も分かってるみたいですわ」







……いつか必ず紹介しようと思っていた「立子山の凍み豆腐」。
でもなかなか良い構図が浮かばず、けっきょくこのパターンに…苦笑

福島では凍み豆腐と言えば「立子山の凍み豆腐」のようです!
古くから改良を重ねながら作られ続けてきたというこの凍み豆腐。知恵と努力のたまものなだけあって、しっかりとした味わいと高い栄養価で普通の凍み豆腐とは一味も二味も違うのです!!!


…という説明もしても、このシュールな画像ではあまり美味しそうな感じがしませんよね…苦笑 たいへん失礼いたしました!でもぜひ一度試していただきたい一品です!


石井工人のこけしも、残りわずかとなってます!気になる方はぜひお早めに!



***********************



そして今日はすごく嬉しいことがありました。

以前、このブログでも書いてしまいましたが、土湯こけしと福島フェアが始まる直前に、2階の展示室での今回の企画展に大きくご協力くださった黒石のこけし蒐集家の方が天国へと旅立ってしまいました。

この方が大きくご協力くださったのが「feat.渡辺忠雄」の部分。渡辺工人のこけしが大好きで、かなり長い間、渡辺工人と親交があったのだそうです。

渡辺工人も、何か当館からご案内を出す度に、返信ハガキに「Y氏へよろしく」と書いてくださっていたほど、仲が良かったようなんです。

そんな間柄だったことを知っていたので、天国へ逝ってしまったことを渡辺工人にも伝えたところ、「お線香をあげに行かなくてはいけない」とのお返事。


でもまさか土湯からではお線香をあげるためだけに来れるような距離ではありません。「そのお気持ちだけでも喜んでくれると思いますよ」とお伝えしたのですが、なんとまぁ渡辺工人、本当に津軽までお線香をあげに来てくださったのです。


今日、ご家族と一緒に当館へも立ち寄っていただき、お話しさせていただきました。その時にあるものを持ってきてくださったのです。
b0192321_21431285.jpg

ひなこけしです。


渡辺工人、長い工人生活の中で、おひなさまはずっと作って来られなかったのだそうです。そんな中で、人生で2個目となるおひなさまを、今回、天国へ逝ってしまったY氏に捧げるべく、作ってきてくださったのです。

「2~3日でも良いから、Yさんのこけしと一緒に飾ってやってくれないですか?」という渡辺工人。


本当に嬉しいことです……。


Yさん、天国で見ててくれているでしょうか?
渡辺工人、お線香あげるためだけに津軽まで来てくださいましたよ。
天国のこけし仲間やこけし工人さんたちにちゃんと自慢してくださいね!





このおひなさま、当館が責任を持って、Yさんに代わって今後も大切に展示していくことになりました。さっそく「土湯こけしfeat.渡辺忠雄展」のコーナーに飾らせていただきましたので、みなさまぜひ見に来てくださいませ。




長くなりましたが、こけしの縁ってすごいなぁと改めて感じた一日でした。
渡辺工人、この場を借りて、本当にありがとうございました!







【本日のこけし】~県外工人さん編~
石井信明工人作 1470円(7寸)

[PR]
by tsugaru-kokeshi | 2012-05-13 22:03 | 県外工人さん