4月22日 レイさん! とGWも!

b0192321_20112855.jpg



言うまでもなく、山谷レイ工人のチャリティーこけしです。
ついに到着しましたー!(すいません、実は3日前くらいには来てたんですが…)

メール便の規定2センチ以内の太さでお願いしたため、いつものチビすけたちよりも若干スレンダーで、背が高く見えますね(笑)

レイ工人にお願いした時にはすでに他の工人さんのものが手元にあったので、サンプルとしてお見せすると、

「何輪も咲いてるのもステキだけど、1輪だけもステキねぇ…。
 どういう風に描こうかしら…。」

と、一生懸命ハマギクの構図に悩んでおりました。
悩んだ末のこの1輪勝負!
ステキですよねー♡さすが女の工人さんです♡





***********************


さて、2日もブログをさぼったのには訳がありまして。
ここ最近、チャリティーこけしに熱中しすぎまして、GWの準備を全くしておりませんでした。気づけばGWはすぐそこに…!

しかも津軽こけし館は店長のやる気パワーが強いので、フライングスタート多し。
GWイベントも、他に先駆けて23日(土)=明日からスタートしちゃうことにしちゃってたんですー。しかもしかも盛りだくさん……。

そんなこんなで、一気に準備作業にとりかかったんです…計画性がないんです…。


ここで明日から始まる津軽こけし館のGWイベントを紹介します!

…と、言いたいところですが、店長ブログですでに紹介されてたので、そちらへどうぞ!笑



***************************

今日のできごとをひとつ。

夕方、一組のご夫婦がやってきました。

売店のこけしたちを一通り見て、
「あいつ、ずいぶん大変だったんだろうなぁ」
と、おっしゃいました。

「どうかしたんですか?」
と聞くと、

「いやね、俺の友達、すごいこけし持っててさ。
 廊下の他に2部屋分くらいずらーっとこけし。
 今、こうやってこけし見てたら、あれだけ集めるの大変だったんだろうなぁと思ってさ」

そう話す旦那さんの言葉、津軽弁ではないですが、なかなかの東北訛り。

「お客さま、どちらからいらっしゃったんですか?」
「んー、福島から」
「福島ですか!もしかして避難されてきたんですか?」
「そう、今、ここの隣町の保養センターにいるんだ」


聞くと南相馬市にお住まいで、昨日からの警戒区域で入れなくなった場所にお住まいだったそう。大変だっただろうなぁと、地震の話を続けようとすると、

「お姉さん、そのこけしハウス見たい?」
と、ビデオを取りだされました。
「ビデオに入ってるんですか!?見てみたいです!」

突然のビデオ観賞が始まりました。
ニコニコとそのこけし好きのお友達のお話をされる旦那さん。

「こいつ本当にこけし好きでさー。青森に避難するって言ったら、津軽こけし館には絶対行けっていうからさ、だから来てみたの」

「こいつさ、あんまりにもこけしの話するから、俺、勝手にこいつのこと‘こけし館館長’って呼んでるんだ」


ハンディカメラに写るその‘こけしハウス’には、丁寧に系統ごとに分けて飾られたかわいいこけし達と、一生懸命に解説するそのお友達の姿が。

私もしばし夢中になり、津軽系が映るたびに、歓声をあげてみたり。



そんな時にポツリと旦那さんがおっしゃいました。

「あいつ、せっかく立派に家建てて、立派にこけしも飾ったのに、家入れないんだよな」




ああそうか、そういうことか……。




そのお友達もやっぱり警戒区域内にお住まいだったそうなんです。


めいいっぱいの愛情をうけて飾られたこけし達。
楽しそうにこけしを眺めるお友達。



避難するってそういうことか…。家に戻れないってそういうことか…。




ずーんと気持ちが重くなりました。




「じゃぁ、今度はもっと大きいところに映して見てみようよ。
 テレビに映せばあいつの解説もちゃんと聞こえるから。
 また来るよ。」

旦那さんは明るくそう言って帰って行きました。


すごく明るいご夫婦。
地震で苦しかった話なんて一つもしないで帰って行きました。
ただただこけし好きのお友達の話だけ。







私たちには何ができるんでしょうね…。
本当にその答えは見えないままです。

でも一生懸命に前に向かって進んでる人たちがいる。
明るく、動き出してる人たちがいる。

それを忘れちゃいけない、ってあらためて思いました。


一日も早く、このお友達が‘こけしハウス’に戻れるように……。
私たちも前にむかって進まなきゃです!!!



さぁ、明日から迎える津軽こけし館のGW!!!!
一人でも多くのみなさんを笑顔にできるように、頑張ります!!!!

みなさま、ぜひ遊びに来てくださいね!
[PR]