3月21日 チャリティーこけし販売のお知らせ

早いもので、あの地震からもう10日も経つのですね。
被災地のみなさまにとっては、長く苦しい10日間だったことでしょう…。
そして今もなお、その苦しみが続いていることを想うと、もどかしさでいっぱいです。
内陸地でしか生きたことのない私には、津波の恐怖など、想像のしようもありません。テレビに映る衝撃的な光景たちにも、未だにどこか別世界のような感覚が抜けない自分に嫌気がさします。



津軽こけし館は昨日ようやくインターネットが復活しました。
電気は12日の夜には復活したようで、13日からは営業はしておりました。

ただ、この状況下ですから、当たり前ですがお客様はまったく来ません。
昨日になってようやくポツポツといらっしゃいますが、今後に不安を感じずにはいられません。



もちろん、そんな不安は被災地のみなさまにとっては小さな小さな、なおかつ贅沢な悩みであることは分かっています。



ですが、指定管理者制度のもと、津軽こけし館を運営している私たちにとっては、このままでは津軽こけし館をつぶしかねない状況でもあり、そして何より、おせっかいにも、こけし工人のみなさまが今後も元気にこけしを作っていくことができるのかが心配で仕方ないわけです。


被災地のみなさんが元気になって、よし、黒石に遊びに来ようとなった時、津軽こけし館は元気にみなさんを迎えることができるのか、そんな不安がどうしてもよぎるのです。



今、この瞬間には、想像もつかないほど多くの方が、想像もつかないほどの苦しみの中闘っている・・・。

私達の立場から、被害に遭われたみなさまに何かできることはないだろうか……。

そして今後、これから、工人さんやこけし館を守っていくためには、今、何ができるのだろうか……。


そんな二つの思いが、この数日間ぐるぐるぐるぐる頭の中を回っていました…。
今とこれからを巡る、「今」・・・・・・。



そうしてようやくたどり着いた、津軽こけし館としての支援の形が「チャリティーこけし」です。

b0192321_181768.jpg



阿保六知秀工人にサンプルを作っていただきました。

胴模様はハマギク、黒石市が姉妹都市を結ぶ岩手県宮古市の花です。

ハマギクの花言葉は「逆境に立ち向かう」「友愛」……。


まさに今、私たちに必要な気持ちだと思います。



津軽こけし館は、幸いにも全国各地の多くのみなさんとこうしてつながることができています。
この幸せを、今こそ形にしていきたいんです。


なんでこんなときにこけし?
そうじゃありません。こけしを通して知り合えた私たちです。
こけし館としてできることは、こけしにこだわらなくてはいけないと思うんです。
こういう時だからこそ、私はこけしにこだわりたいんです。



こけしの大きさは1.5寸~2寸弱の小寸です。
販売価格は1口1000円。
このうち、200円を岩手県宮古市への義援金とします。


義援金目的のチャリティーと考えれば、本当に小さな小さな額です。
ですが、こけし工人さんたちとこけし館を守っていく、という意味合いも詰まったこけしなんです。
ご理解いただければ嬉しいです。



現在のところ、参加工人は


阿保六知秀工人
阿保金光工人
阿保正文工人

となっております。今後増えていく可能性もあります。



以下に詳細をまとめます。


【東北関東大震災 チャリティーこけし】

金額:1口=1000円 (何口でも申し込み可能)
 ※200円が義援金として岩手県宮古市に。
 ※振込み手数料はお客様のご負担になります。申し訳ございません。
 ※複数口お申し込みされる場合にはどうぞまとめてお振込みください。
※1口1000円としておりますが、この機会に義援金を送りたいという方は、1000円に上乗せしていただければ、こちらで責任を持ってその上乗せ分を義援金分に当てさせていただきます。その際には念のため、上乗せ額(義援金額)をお知らせください。

申し込み方法:下記指定口座にお振込みの上、メール・FAX・郵便のいずれかの方法で[住所・氏名・連絡先・お振込み名義・申し込み口数]を記載したものをお送りください。

<お振込み口座>

ゆうちょ銀行
口座番号 02240-1-133679
口座名称 津軽こけしプロジェクト
支店名  温湯 (ぬるゆ)

他銀行からの場合
店番   229
預金種目 当座
口座番号 0133679


<メール>
tsugaru-kokeshi@excite.co.jp
<FAX>
0172-54-8250
<郵便>
〒036-0412 青森県黒石市大字袋字富山72-1 津軽こけし館


発送時期:全国への宅配が可能になってから(4月中旬~5月頃を予定)

発送方法:クロネコメール便(送料は当館負担です)

申し込み締め切:4月末日

こけし詳細:1.5~2寸弱の小寸こけし。宮古市の市の花・ハマギクの胴模様です。

その他:こけし工人の指定はできません。ただ、複数口お申し込みされた場合は、同じ工人さんのものにならないようにこちらで振り分けます。






この小さなこけしにどのくらいのパワーがあるのか、私には今まったく分かりません。
ただ、小さいながらに一生懸命にハマギクを咲かせているこの子たちを見ていたら、「よし、頑張ろう」と不思議なパワーが湧いてきました。


壊滅的な被害を受けた地域では、今年は咲けない花もあるのかもしれません。宮古市の海岸にハマギクは咲いてくれるのでしょうか・・・。


せめてこけしの中にだけでも、たくさんのハマギクを咲かせてあげたいと思っております。


一日でも早く、被災地のみなさんに笑顔が戻りますように・・・・・・。
たくさんのみなさんからのご理解・ご協力をお待ちしております。
どうか、どうか、よろしくお願いいたします。




※なお、画像はあくまでもサンプルです。工人さんによって雰囲気は変わってきますことはご理解ください。
※また、津軽こけし館店頭でもチャリティーこけしを販売しております。店頭でご購入されますと、発送料がかかりませんので、本来の発送料分も義援金にまわしております。お近くのお客様はぜひお立ち寄りください。
[PR]